19-150 大牟田市「ユネスコスクール・ESD/SDGs子どもサミット」 2020-01-15 10:07:44

 1月11日(土)、大牟田文化会館小ホールで、大牟田市教育委員会主催「ユネスコスクール・ESDのまち おおむた」宣言記念 大牟田市「ユネスコスクール・ESD/SDGs子どもサミット」が開催されました。
「ユネスコスクール・ESDのまち おおむた」宣言、教育功労者表彰に続いて、大正小の児童代表が、日本ユネスコ協会連盟事務局長の川上千春様に、学校に集まった書き損じハガキをお渡ししました。ハガキは、「世界寺子屋運動」により、世界の子ども達が学校に通うことができるように役立てられます。
 子どもサミットでは、三池小、高取小、明治小からの発表のほかに、銀水小・田隈中の合同発表、駛馬小・宮原中・三池工業高校の合同発表があり、小・中あるいは小・中・高で連携した活動が報告されました。ふるさとの自然、歴史や文化を大切にし、未来につないでいく活動やまちづくりに生かしていく活動に取り組む子ども達の姿に、参観の市民の皆さんがうなずいておられました。宮城県気仙沼市立鹿折小学校の「海で復興・未来へつなぐ『気仙沼の魅力』プロジェクト」の発表では、復興に向けて考えを出し合い、まちの人々とともに力を合わせる子ども達の姿が感動を呼んでいました。
 大正小学校もこうした取組を参考に、持続可能な社会を創るために学び合い、協力し合う子ども達を育てていきたいと考えています。

画像をクリックすると拡大表示されます

 

Copyright(C)2007 Oomuta City Kyouiku Iinkai. All Rights Reserved