19-153 未来への種 2020-01-15 12:01:01

 6年生がこれまでずっと世話をしてきて、寒さに負けずに花を咲かせ続けてきたコスモスに種がつき始めました。次の秋に花を咲かせるために、子ども達が種をとっています。花を育てることは、生命を育てること、生命のつながりを学ぶことです。子ども達は、来年の秋もその先もずっと、学校や地域にたくさんの花が咲き続けるようにと考えています。

画像をクリックすると拡大表示されます

 

Copyright(C)2007 Oomuta City Kyouiku Iinkai. All Rights Reserved