19-004 SDGs、ESD たけのこ御飯を地域の方へ 2019-04-23 13:04:01

SDGsの「住み続けられる町づくり」の担い手に必要な資質を育成する視点に立ったESDの取り組みとして、5年生が地域で収穫される作物「たけのこ」に着目して、たけのこ御飯づくりに挑戦しました。材料のたけのこは、地域の方の畑で手ほどきを受けながら収穫したばかりの新鮮なものです。地域の新鮮なたけのこで使って、たけのこ御飯が完成しました。玉川のよさを再確認する貴重な経験となりました。また、たけのこ御飯を地域の方に届けることで、学習のフィードバック、発信につなげることができました。

画像をクリックすると拡大表示されます

 

Copyright(C)2007 Oomuta City Kyouiku Iinkai. All Rights Reserved